レプリカユニフォームのロゴが刺繍

千葉ロッテマリーンズの2017レプリカユニフォームが、先行発売されるとのニュースが出た。 胸のMのロゴの大きさが気になっていたが、見ると、「ロゴが全て刺繍」という点の方が気になった。 確か、選手のユニフォームはプリントに変わったはずなのに、なぜ、…

佐々木の闘争心に期待!

千葉ロッテマリーンズのドラ1、佐々木が、 チキンハートだと言う記事があった。 当初、闘争心を見て欲しいと言っていたのに、 真逆な情報。。 藤岡もそうだったが、ドラ1への期待は大きいのと、性格の良さから、プレッシャーを感じるかも知れないが、これ…

大松

ヤクルト入団テスト合格と言うニュースが出た。 定まらないフォームで不安定な打撃という印象が強かったので心配したが、まだ現役が続けられることになって、とにかく良かった。 マリーンズは戦力外となってしまったが、 嫌いになったわけではないので、 ヤ…

中郷

ベースボールチャネルのコラムで、 中郷がマリーンズの裏方にいることを知った。 てっきりライオンズで頑張っているものと思っていたが、なんと、マリーンズ愛を心に秘め、マリーンズに戻って来たと言う。 うれしい限りである。 熱い思いが自分の中に込み上…

マリーンズ選手へのお願い

今年は、ファンを、共に戦う仲間として意識して欲しい。 出塁したら、是非、やったよ!とファンの方に顔を向けて手をあげて欲しい。 共に悔しがり、共に喜び会わせて欲しい。 おもてなしなんてしなくて良い。 共に戦おう! それがマリーンズの特徴であり、他…

2017マリンフェスタユニフォーム

今日、2017年のマリンフェスタユニフォームが発表された。 最初の印象はイマイチ。 再び青の中に赤が入る妙なデザインに見えた。 文字の中も妙なデザインに見えた。 が、佐々木の着こなしが、印象を変えてくれた。 もしかしたら、良いかも。 文字の中のデザ…

映画 FOR REAL を観て

とても良かった。。 三浦大輔のラスト登板の裏側には泣けたし、 山崎康晃が不調に陥った時の、復調を期待するファンの割れんばかりの声援、チームメイトの「うちの守護神は山崎」という発言と復調までブルペン陣全員でカバーしようとする姿勢、そして、山崎…

涌井!?

ようやく契約更改したとのニュースが出た。 来季メジャーに行ってしまうのではないかと 気を揉んでいたが、無事、複数年契約できた とのこと、良かった。 個人的に注目したのは、涌井の 「ロッテで長くやりたい。」 という発言。 良いね〜。良い! こう言う…

角中トーク

角中の発言が心地良い。 ファンの気持ちを代弁するかのようだ。 マリーンズには、今、明らかに打線の補強が必要だと思う。 しかし、フロントは敵ではなく、チーム、ファン、フロントの三位一体のうちの重要な一要素。 チームやファンと同じ気持ちを持って戦…

サブロー流コミュニケーション継承

大地が来季に向け決意を新たしたらしい。 助っ人外国人選手が、異国の地でも、溶け込めやすく接する。 クルーズやデスパイネがマリーンズを好きになったのはサブロー流コミュニケーションがあったから。 これからは俺がやる。 サブローの魂は、自分も継承し…

WE ARE CHIBA LOTTEシリーズ

最近、素敵なエンブレム企画がシリーズ化している。 今シーズンも、オールフォー千葉やマリンフェスタという素敵なエンブレムがあった。 しかし、これ、パネルだけではもったいないのではないか? 個人的な希望かもしれないが、是非とも、車のマグネットステ…

クールの卒業

千葉ロッテマリーンズが変わろうとしている。 確かに、クールのポジションは微妙だった。 はっきり言えばいらない、だった。 それを明確に切り捨てた辺り、進化の予感がする。 良いね! 来年の千葉ロッテマリーンズに期待している!

レプリカユニフォームの胸のMマーク

千葉ロッテマリーンズのレプリカユニフォームは、これまで、胸のMのマークが、選手のユニフォームより小さくバランスの悪いものだった。 個人的には、デザインよりも原価削減を優先しているように受け取れたため、とても不満に思っていた。 今回、マジェステ…

熱い想い継承

千葉ロッテマリーンズの背番号「3」が継承された。 サブローの印象がまだ残る背番号3と、角中がまだ自分の意識の中でうまく結びついていないが、熱い想いを持った選手のつける番号と言う意味では納得。 サブローと同じく「頼んだぞ」と言いたい。 ただ、今ま…

新入団選手を迎える言葉

千葉ロッテマリーンズの新入団選手が施設見学をしたらしい。 選手たちの高ぶる気持ちが想像できる。 ところで、写真を見ると、ビジョンに、「ご入団おめでとうございます」という文字があった。 これから共に戦う仲間を迎える言葉として、少し他人行儀でさび…

生涯ロッテ

なんて良いひびきの言葉だろう。 そんな発言をしてくれる根元には、是非とも頑張って欲しい。 応援している。

ドラ1佐々木の背番号予想

大嶺と伊志嶺の背番号変更のニュースが出た。 主力背番号からの変更はさびしい話である。 特に大嶺などは昨年良かっただけに自分が悔しい。是非とも来季の復活を期待している。 が、このニュースで自分が一番に思ったことは、 「背番号11が空いた」と言うこ…

新選手会長は角中!

所信表明で良いことを言っている。 フロント、チーム、ファンが一体となって優勝に向けて一緒に戦おう! 同じ気持ちだ。 来季も頑張ろう! 岡田が嫌いなわけでは決してないのだが、選手会長としては、成績を残したことで自信を持てている選手がやったほうが…

ドラフト1位 佐々木の背番号

千葉ロッテマリーンズが2016ドラフトで1位に指名することができた佐々木にとても期待している。 大学野球へ観戦に行っているマリーンズファンもいるらしいが気持ちがよく分かる! 個人的には映像で見る限り、田中よりも良い気がしていたので、引き当てること…

ワンハート マリーンズ

最近、バレンタイン監督を取材した本を読み返していた。 ボビーは、選手ひとりひとりを見て、選手ひとりひとりと会話し接していた。 そして、ファンに対しても。 だから当時、千葉ロッテマリーンズは、ボビーの元で、一つになれたんだと思った。 ワンハート…

涌井の海外FA

涌井に、海外FAを取得する権利が来季にあるらしい。 愛着のあるマリーンズ選手が移籍してしまうのは残念なことだが、 金銭面でマリーンズには限界があるだろうし、伊東監督も、そろそろ交代するかもしれないことを考えると、出て行ってしまう可能性も覚悟し…

西野の先発転向

マリーンズ西野がクローザーから先発へ戻るらしい。 歓迎だ! 正直、9回裏の投手交代コールは楽しみではあったが、先発で定期的に見られるのも楽しみだ。 自分のビジターユニホームの背番号は29。 西野、来季の登板は見に行くよ!

根元の残留

根元がFA宣言せず残留を決めた。 「最後はマリーンズで」 この言葉は、エラーや不甲斐ない三振はあれど、ともに戦ってきた同士として、嬉しい響きがある。 根元、来年も共に戦おう!

そこは内じゃないでしょう

千葉ロッテマリーンズがクライマックスシリーズ初戦を落とした。 せっかく涌井が良いゲームを組み立てていたのに、継投した内が、打たれたならまだしも、ストライクを入れられずに自ら点を献上とは。 呆れた。呆れたよ、ホント。 クライマックスシリーズの試…

対話すること

千葉ロッテマリーンズから巨人に行ったクルーズが懲罰降格とか。 マリーンズでは、全く問題がなかったのになぜ? どうやら、マリーンズでも問題行動があったが、その都度きちんと話し合ってきていたらしい。 そして、ナバーロ。 一塁カバーに入らないなど怠…

ありったけの声援を千葉から福岡へ

千葉ロッテマリーンズは、明日からレギュラーシーズンに大差をつけられたホークスとクライマックスシリーズ。 勝って当たり前と思っている相手に、一泡吹かせたい。 プレーオフの醍醐味だ。 千葉から福岡へ、ありったけの声援を送る。 是非、良い試合を見せ…

CS結果の行方

何とか3位に踏みとどまり、来週末いよいよクライマックスシリーズファーストステージが始まる。 始まる前に言うのも何だが、昨日の日ハム戦や先日のソフトバンク戦を見るにつき、正直、勝てる気がしない。 こんな打てない打線、つなげない打線で大丈夫なのか…

So僕らは同じ夢をみている

「千葉マリンに集う我ら」に登場する歌詞。 いつもこの部分で感動してしまう。 良い曲作るね、千葉ロッテ!

選手の登場曲

千葉ロッテマリーンズの選手の入場曲。 改めて聞くと、加藤、井上もなかなか良いと思った。 やはりゆずは外せない。

サブロー

今日、引退試合が行われた。 最後までらしさが溢れていて良かった。 ヒット後の声援への答え方、ファンへのメッセージの伝え方、最後まで魅了してくれた。 打席も、ツーベースヒットを打った第四打席は、いつもの「つなぐ意識」があったように感じた。 ミス…

「空気の作り方」を読んで

千葉ロッテマリーンズのファンであるが、マーケティングの興味から見つけた本。 知らなかったが、横浜ベイスターズのホームゲームは、ほぼ満席状態にあるらしい。 勝手なイメージとして、今でこそ3位だが下位を低迷するチームのイメージがあったので、とて…

マリーンズの最近の球団の動き

最近の球団の動きに違和感を覚える。 ・ファンをおもてなし ファンを共に戦う仲間でなく、まるで他人扱い。ファンは26番目の選手だということを是非、思い出して欲しい。 ・頻繁なユニフォーム配布 物で釣っているようで、嫌だ。 ・熱さを感じない応援 ・と…

戦う姿勢

今日の千葉ロッテマリーンズは戦う姿勢が見えてとても良かった。 まずは南の力投。 粘られても臆することなく逃げることなく何球でも投げ込み続けた。 最後は力尽きた感じだったが、気持ちを感じた。 デスパイネもチャンスで粘った。 そして最後に、二塁打。…

サッカー日本代表 最終予選第2戦

勝てたのは良かったが、少し不安を感じた。 まず、簡単なパスでのミスが多い気がした。 これが日本代表の技術力なのか? そう思うと愕然とした。 そして、ゴール。 タイのキーパーが良かったとは言え、かなりチャンスがあったのに、空振りやら正面やらで決め…

僕はロッテの人間

サブローの会見での一言。 サブローは良いことをたくさん言ってくれるが、これも名言だと思う。 自分の中では生涯ロッテを貫いた名選手として記憶しているので、その通りだと強く思う。 そして、自分も同じ人種だと伝えたい。

伊東監督、続投ニュース

去年に続き、このニュースには、良いねと即答できない。 イマイチな試合のオンパレード。 貧打、投壊。。 見るに耐えない試合の数々。 正直いただけない。。 ただ、今年は、細谷が覚醒、唐川も復活、藤岡のストレートも速くなった。田村や岡田が打てるように…

サブロー引退試合チケット完売

完全に出遅れた。。 せめて千葉テレビは地元の球団の英雄の大事な試合なので、放送して欲しいものだ。 チケットを逃して悔しいが、今シーズン、球場で見る背番号3が自分とちらほらくらいだったので、サブロー人気を再認識できる出来事だったので、なぜか嬉し…

マリーンズを愛している

サブローの会見。 一つ一つの言葉がとても響いた。 ファンである自分と同じ気持ちを、ここまで口に出してくれる選手が他にいただろうか。 千葉ロッテマリーンズを応援していたことを、心から誇りに思う。 サブローありがとう! マリーンズを愛している。 マ…

サッカー日本代表の戦い方

今日のサッカー日本代表のワールドカップ最終予選の戦い方には、ガッカリした。 シュートを打てるところで打たないし、意味の分からない近距離や横へのパスを多用するし。 ゴールにボールを運ぶ方法は、ワンタッチかツータッチパスゲームのような方法を中心…

サブロ〜〜〜〜

ついにこの人の引退ニュースが出てしまった。。 確かにここまで一軍登録がなく、嫌な予感はあった。でも、 ベテランだから最後の大事なところで使われるのかな?なんて思ってた。。。 引退か〜〜。 ショックです。。 バッターボックスでの落ち着いた安定感の…

田村、おまえもか

口が悪くなってしまった。 チャンスで、初球凡打が、こうも続くとは。 もしかしてベンチの指示? ちょっと呆れて見てられない。 試合を見ずに勝利を祈ってます。

ナバーロ、デスパの初球凡打

まだ試合の途中だが、あまりにがっがりしたので書きたい。 やっと作ったチャンスで、初球を内野ゴロはないのでは? 相手投手は弱ってきたからチャンスができたわけで。 相手投手は、こんな調子で抑えられるか不安になっているだろうことは想像できる。 そこ…

角中バント

首位打者である角中が、ついに昨日バントのサインを出された。 ここ最近の不調を考えれば、個人的には妥当な判断だと思った。 最近の角中は打席での構え方が、これまでと違う。 腕の位置が、何というか、シャープにスイングしそうにない位置にある。 福浦な…

岡田、荻野コンビ

今日のマリーンズは、この二人が機能したおかげで勝てた気がした。 岡田が不用意に初球を振らず、ファウルで粘り、盗塁し、荻野がヒットでつなぐ。 なかなか良いと思った。 井口、大地が、無失点記録中の大石からホームランを打ったのも痛快! ナイスゲーム!…

最近のマリーンズ打線

ひどい湿りっぷりにあきれる。 見ていられない。 特に、ようやくヒットが出て、続く打者に期待しているところ、初球を打って内野ゴロ、というのをよく見かけるが、 これは、ショックが大きいので、やめて欲しい。 状況をよく考えて、相手ピッチャーを精神的…

後半戦への期待

マリーンズの選手も参加したオールスターが終わった。 石川、大地、田村、角中、涌井、益田、西野。 正直あまり印象に残っていないが、それがマリーンズの選手。 束になって戦うスタイルだから、一人一人は目立たない仕様なのだ。 でも、ファンも含めてみん…

自力優勝消滅に対する角中のコメント

「この時期に、まだ気にしなくてもいいんじゃないですか!?」 良いね〜角中!! 自分も、その通りだと思う。 5点差を逆転されたり、関谷の歴史的記録が消えてしまったり、と確かにショックを受ける出来事はあったが、この時期に自力優勝消滅と言われても、…

吉田

マリーンズの2軍で頑張っている吉田について、マリーンズの広報が、記事にしているのを読んだ。 懸命に課題を克服しようと、コーチや福浦と話し込む様子は熱い気持ちが伝わる。 熱い気持ちには、熱い応援で応えたい。 一軍のグラウンドに戻ってくる日を楽し…

中後

先日、テレビで中後のその後について放送されていた。 なんとメジャーに行っていたとは。 何とも嬉しい限りだ。 日本では決まった形しか育てられない環境だが、確かにアメリカならできるかもしれない。 残念ながらマリーンズでは育てられなかったが、是非と…

チーム一丸

マリーンズの選手たちがチームになっている。 プロになって初めて2軍に降格することになり落ち込む中村に、入団当初ドラフト上位でひとりだけ2軍で悔しい思いを経験した大地が激励の声をかけ、 チャンスの打席が回ってきた高濱に、次の打席で打率チーム1位の…