読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

藤岡と唐川

この2試合は何とも残念で仕方がない。
打線が打てないながらも点を取っているだけに尚更そう思うのかもしれないが、ゴールデンイヤーで優勝を狙うチームの戦い方ではないとやはり思う。
自分の中では、Mr.ロッテ候補である二人にはとても期待している。だからだろうか、去年までと代わり映えしない結果とコメントには苛立ちを覚えている。

それにしても対策はないのか?

多分、この2人以外も目ぼしい選手がいないのだろうが、見出せていない可能性もある。思い切ってローテーションの5番手と6番手は、通常の先発概念でない方法をとってはどうだろうか。

例えば、週替わりで調子の良い投手を3名挙げ、小刻み継投で先発7〜8回を投げるというのはどうか。良い選手がいればローテーションに抜擢すればファームのモチベーションも上がるのではないか。

落合コーチ、小林コーチ、そして伊東さん、今年はマリーンズに本当に期待しているんです。ソフトバンクオリックスの大型補強なんてどうでも良い!まだ始まったばかり、とか関係ない!

マリーンズの野球が、5点差を追いついた裏に4点も取られるような野球ではやはりダメなんだと思う。
ファンとして、マリーンズはそんなチームなんだと認めたくない。
改善してくれ、頼む!!