読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今江、井口

誰しも調子の悪い時はあるでしょう。
この2人はそろそろ休ませて、回復を待ったほうが本人のためでもあるように思います。
明らかなボール球に手を出し、見極められていないのはファンから見ても明らかで、かなり醜いものになってきました。
あれでは打てない。。
復調させるための練習の意味でスタメンに入るならやめて欲しいが、それは、ファンのためでもあり、本人のためでもあり、そしてチームでベンチを温め続ける出場したくて仕方のない選手たちのためでもあると思います。
まず、ファンとしては、当然、打てなさ過ぎる選手がいつまでもスタメンに入っているのは勝つ気がないのかと思い腹が立つから。
入れるのであれば、監督はファンに対し、理由を説明して欲しい。
そして、選手本人。
不調選手を使い続けるとファンが興奮してきて、いつかの大松のように、ファンからの怒りの矛先が、選手本人に向いてくる。
大松もそうだったが、今江も井口も人気のある選手なので、そうならないよう是非とも大事にして欲しい。
ある情報では対象不明ながらもブーイングが出始めているようなので決断の時かと思う。
最後にチーム内。
あれだけ競争だ競争だと言っていたのに、こんなに不調でも使い続けるのは、一貫性がない。
出場したい選手がたくさんいて、出場していないが調子を上げている選手もいる中でこの判断は納得がいかない。事実、一昨日、今江、井口に代わって出場した中村、大嶺翔太が勝利に貢献している。なぜ1試合限定なのかが理解できない。
そもそもマリーンズというチームは小粒選手の集合体。束になって戦うスタイルのチームである。だから、1人の選手に頼りきった戦い方ではなく、選手の調子を見極めて、次々とフレッシュなメンバーを投入し活性化するチームマネジメントが重要なのだ。
ボビーが勝てたのはそういう理由だったと思う。

今年の伊東さんは、益田や藤岡、唐川を外す判断までは良いと思ったが、最近どうも見る目に偏りがあるように思えてきた。
確かに小粒マネジメントは苦労が絶えないと想像はするが、ゴールデンイヤー、伊東さん、一緒に戦おう!!