読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どんな時も俺たちがついてるぜ

オールスター明けの1戦目。
石川はよく投げたと思う。
石川が責められるような試合じゃない。
打線がひどすぎた。
新人の中村が一人気を吐く状態。
あり得ない。
みんなどうした!目を覚ませ!
キャンプで競争させられたからか、若い選手ばかりだからか、チームがバラバラな気がする。ファンと選手の気持ちの一体感も少ない気がする。
今年はゴールデンイヤーだぞ!!
千葉ロッテマリーンズは今年、こんな試合をしていてはいけない。
ファンサービスの向上ももちろん大切だが、本業を飾りで、ごまかしてはいけない!

もっと選手にデータを提供して欲しい。
もっと相手チームにデータのない選手を日替りで使って欲しい。
今までの野球の敗因を分析し、解決した新しい野球を見せて欲しい。
打順だけの入替はもう飽きたし、そんなことだけでは勝てない気がする。
他に手を打って欲しい。

そして、応援の方では、こんな負けが続いている時こそ、18連敗した時のフレーズを使いたい。

どんな時も俺たちがついてるぜ。

背番号26が全く掲げられなくなった今、ファンとしてチームの一員であることを実感できなくなってきている。
ファンと選手の気持ちをもう一度一緒になるよう、叫びたい。ファンとして、選手に語りかけるよう歌いたい!

俺たちの〜誇り〜千葉マリーンズ
どんな時も俺たちがついてるぜ〜
つ〜ぱしれ〜勝利のために〜
さあ行こうぜ!千葉マリーンズ
ら〜らら〜らら〜ら〜

※ああ、最初の2行で泣きそう。。
   良い応援歌だ。