読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

力の差?

またまた千葉ロッテマリーンズ伊東監督の発言にカチンときた。

「力」の差とは、打撃能力、投球能力のように選手個人の能力を非難しているように聞こえる。

選手を悪く言う監督の手腕は疑わざるをえない。
ボビーは、常敗チームを、優勝に導いたのだから。

マネジメントで勝てるのだから、敗戦監督の発言は、相手チームの技巧の賞賛かマネジメントの反省であって欲しい。

最近あまりに打てないのだが、過去のデータは活用しているのだろうか。
クリーンアップが打てず、タイムリーが打てず、打てない人ばかりを起用しているようでならない。
しかも、今日は相手投手と相性合わないのではないか、やられっ放しだ、という時も、選手を交代させていない。

伊東野球の理論が見えない。
この人にCSに向けた戦いを任せて良いのか。とても不安だ。

今頼れるのは、キャプテン大地か。
ピンチを迎えたピッチャーに献身的に声をかける姿はとても好感が持てる。
角中がいない今、大地にチームの牽引も託したい。
アベレージヒットで自信をつけてムードメーカーになって欲しい。
ツヨシはこういうところが優れていたのだろう。しかし、今年は大地でやってやろう!

タイムリー後、守備につく際、スタンドに頭を下げる必要はない。帽子を取って手を振るだけで良い!僕らをお客様と見ないで欲しい。
大地、一緒に戦おう!
また休場に行く!