読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリーンズ ホームタウン壮行会

昨日、大地、三木、中村、大河の内野手4人によるトークショーが開催された。

寒空の下、1000人という多くのファンを集めたニュースは、仲間が増えた気がして、何よりも嬉しく感じた。

そして4人のトーク。
嫌な気分になるツッコミもなく、マリーンズらしい、仲の良さが伝わるやりとりで、良かったと思う。

そして大地のトーク。
1年目に、ドラフト上位4人中、1人だけ2軍生活で、藤岡、中後、益田の活躍をテレビで見ていられないほど、悔しい思いをしていた大地が、その涙を超えて、また頼もしさを増した気がした。
今年は去年と違ったキャプテンシーを発揮してくれそうな予感がした。
頼むぞ、大地!

個人的には、こなつさんの質問の中で、「12球団中、マリーンズに入団できて良かったと思うこと」という質問がとても気になったが、熱い応援という答えを、4人4様に自分の言葉で回答していたのは好感が持てた。

最後に、選手がとにかく寒そうだった。
良いイベントなのだが、寒空の下では、
ジャケットだけでなく、温風設備など、もう少し選手を大切にして欲しいと思った。