読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017開幕戦

千葉ロッテマリーンズの2017シーズンが始まった。

 

とても期待している。

 

しかしなぜ、スタメンにオープン戦で好調と思えた伊志嶺、大嶺翔太を入れずに、不調と思えた岡田や角中を入れたのか。

 

解説の話では、岡田は昨シーズン、和田が苦手意識を、もっているからで、角中は昨シーズンの首位打者だから、ということのようだが、、昔過ぎる!

 

 

一方、投手。

涌井は結構、打たれた印象だが、結果、7回1失点。さすがエース!だと思う。

しかし、あの7回の状態なら8回は変えた方が良かったのではないかと思った。

そして、松永。左だから起用されたのかもしれないが、いまいちだった。なぜ彼を選択したのか。絶好調には見えなかった。

 

 

総じて、監督陣が、選手の“今の”状態を見ていたのか疑問だった。

 

昔の恋人ボビーの話ばかりしたくないが、

ボビーは、その日その日の選手の状態をよく見て起用していた。

 

選手は過去の状態で、今、野球をしているのではなく、今の状態で今、野球をしているのだ。

 

今が旬のマリーンズ選手がいるのだから、その選手を効果的に起用して欲しい。

殿堂入りした伊東監督ならできるはず。

 

まずは深呼吸。冷静を取り戻して、

さあ行こうマリーンズ!

良い状態でマリンに帰ってきてくれ。