正直、気持ちが切れてしまった

選手は頑張っているのかもしれないけれど、

ひどいなあ、千葉ロッテマリーンズ

 

先日、スタジアムが寒かったせいもあるが、初めて最後まで見ていられない試合を経験した。

 

さらには、ファールの時の注意を促す音がどこかの球場と同じ音になり、五回には、これまたどこかで見たような変な魚が画面に登場。

マリンスタジアムまでが自分を見失っているように感じ、寂しさを覚えた。

 

また、球場に行かなくても、こんなチーム状況なのに、楽しいイベントやるから来いとか新グッズ出したから買いに来いというメルマガが送られてきて、チームの状況分かっていない、トンチンカンな内容にあきれた。

 

熱く一生懸命に応援してきただけに、1人空回り状態の感覚に陥り、正直、限界、気持ちが切れた気がした。

 

でも、

 

マリーンズが好きな気持ちだけは失いたくないので、上向くまでは少し距離を置くことにしたい。

試合の経過は見ない、でも結果は見る。

よく読んでいるブログのタイトルは見る。中身は読まない。

ニュースも毎日は見ない、たまに見る。

 

今シーズン、こんな気持ちになるとは。

腹が立つ。

原因はWBCかデスパを奪われたことか、伊東監督か。

 

いつか見たボビー、アドバイザーのサブロー、里崎に期待したい。頼む!

めちゃくちゃなマリーンズの立て直しを一緒に取り組んでくれ! 

 

 

 

広告を非表示にする