読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブロー

今日、引退試合が行われた。

最後までらしさが溢れていて良かった。

 

ヒット後の声援への答え方、ファンへのメッセージの伝え方、最後まで魅了してくれた。

 

打席も、ツーベースヒットを打った第四打席は、いつもの「つなぐ意識」があったように感じた。

 

ミスターマリーンズ、サブロー。

最後までスタイルを貫く姿はかっこいい。

 

谷保さんの最後のサブローコールが寂しい響きに聞こえて仕方なかったが、サブローは第2章の夢を僕らに語ってくれた。

 

千葉ロッテマリーンズを日本一の球団に!」

 

自分も同じ夢を見ている。

 

熱い、熱い、千葉ロッテマリーンズの背番号3の魂は、応援するたび、自分の中で永遠に燃え続けてくれる気がした。

 

そして、これこそが千葉ロッテマリーンズの熱さなんじゃないかと思った。

 

ありがとうサブロー!

そして、これからもよろしく!!

 

※大松、塀内、中後が映った時は驚いたが、嬉しかった。