読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マリーンズのバント作戦について

今日は初回、ノーアウト1塁で、翔太にバントを指示し、結果、最悪のダブルプレーとなった。

 

千葉ロッテマリーンズは、伊東監督になってから、よくバント作戦をとるが、個人的には失敗の場面のほうによく出くわす。

つまり、失敗するイメージのほうが強い。

 

そのためバント失敗で変な流れになるくらいなら、もうバント作戦は辞めてはどうか?と思う。

例えば、1塁側に強く叩きつけるバッテイング指示に変えるとか。

 

伊東監督のイメージではバントで送り、チャンスを広げて、次のバッターで得点のイメージだと思う。

それは分かるが、マリーンズの選手は多分できない。

あれだけフライをあげるということは、多分、出来ないんだと思う。

 

そろそろ、そのことに気付き、バント作戦オンリーの発想から脱却して、選手ができることから作戦を練ってはどうだろうか。

 

常々申し上げているが、選手の状態を見極めて戦って欲しいところだ。、

 

※解説の薮田によると、清田は練習で好調だった模様。しかし試合では結果が出なかった。

自分としてはメンタル面で何か不安を抱えているのではないかと心配だ。

チームとして選手の状態を見極めて対処してあげて欲しい。