読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まだできることはあるはず

千葉ロッテマリーンズ伊東監督が、外国人補強をフロントに訴えているというニュースがあった。

 

このニュースで自分が思ったのは、

・まず、他人のせいにしているようではダメだな、ということ。

・そして、選手全員が打てていない現状で、外国人1人や2人とったとしても、状況は変わらないのでは?ということ。

 

 

伊東監督の野球は、自分の考える理想の野球に、選手を当てはめるやり方しかしないが、マリーンズの選手は、そんなにうまくはまる選手ばかりではない。

 

伊東監督の理想の野球のためには、相当なお金がかかりそうだが、マリーンズにはそんな財源はない。

 

選手を替えるのではなく、やる野球スタイルを変えるべきなのだ。

 

例えば、打順であれば、4番を中心とする従来のものではなく、足の速い選手と打率の高い選手のペアや、一回からプレッシャーを、かけるため、打率の高い選手を最初に集めるとか、足の速い選手を集めるとか。

また、作戦であれば、狙い球を絞りまくる作戦や、ホームランも打てるような大振りはせず、ミートを第一に考えるテイクバックの少ないヒット狙いのバッティングで少ない点を必ず取る作戦、牧田にやった打席を外してリズムを狂わせる作戦も良い、などなど、まだまだファンを楽しませながら勝てる野球はあるはず。

 

 

とにかく、

今いる選手だけで、できる野球を精一杯やろう!!

 

選手を取るとらないの話は、シーズン中にやる話じゃないはずだ。