読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今こそ応援の力

千葉ロッテマリーンズがひどい試合を展開しまくっている。

監督も勝ち方がわからないと言う。

チームとして、とても勝てる状態にない。

 

選手の入れ替え、打順の入れ替え、まだ余地はあるとも思うが、ほぼ手は尽くしただろう。

 

ではどうするか?

今こそ26番目の選手の出番ではないだろうか?

熱く、熱く応援しようではないか!

 

しかし、これまでと同じスタイルでは、同じ結果にしかならない気がする。

今こそ、何か違うことをしてはどうか?

 

例えば、

「かっ飛ばせ、かっ飛ばせ、◯◯!」など音楽のないものは辞め、応援歌のみとする。音楽のリズムで雰囲気を作るという案。

 

全打者を福浦と同じような歓声で迎える。

凡退しても、前向きな言葉でベンチに送る。

 

そして、二塁に進塁しようものなら、すぐにチャンステーマ!3か4あたり。

三塁に進塁したら、チャンステーマ1で、

得点したら、勝ったかのようなお祭り騒ぎ!

 

と妙な雰囲気を、スタンドが生み出すことで、攻撃のリズムを、スタンドから生み出す。

26番目の選手が、前面に出て、ファンも攻撃に参加しようという案。

 

または、逆に、マリーンズファンらしく、地声を活かした応援だけにするのもあり。

選手を叱咤激励する意味になりそうだが、

「オイ!」という掛け声、「◯◯!」と選手名だけを連呼し、後はファンが口々に選手に声援を好きなように発するという案。

声をそろえる応援よりも、気持ちが伝わる気がする。

 

 

とにかく、言いたいのは、

マリーンズは今、何かを変えなくてはならない状態にあることは誰の目にも明らか。

スタンドのファンも、26番目の選手として、何ができるか考え、行動すべき時だと思う。

これまでと同じことをするのではなく、何か違ったことをしてしようよ!ということが言いたい。

 

何かきっかけがつかめれば。

マリーンズ、浮上してくれ!